2016年06月22日

英国の欧州離脱・残留について

ブレグジット。
最初、「ぷ」レグジットだと思っていたことは内緒です。笑
ある日、英語表記をみたら、「ぶ」じゃん!
って思って、日本語も良く見たら「ぶ」だったという……。
そりゃそうだ。ブリテンの話なんだからね。笑


さて、そんなことは置いといて、ブレグジットがニュースやネットで話題に上がることが多いですね。
正直、この問題ここまで盛り上がるとは思っていなかったですよ。
英国の世論調査の機関が、いろいろバラバラな結果を出している。
これが混乱を余計に招いている。
ほんとに、英国の世論調査は当てにならんとよく言われてますが、
確かにそうだなと思わせるところです。




ってかあれでしょ?

結局離脱するする詐欺なんでしょ?

まあ、EUから良い条件を引き出すためとか最初言われてたけどね?
そしたら、ちょっと制御ができなくなってきた系?

でもでも、まあ、離脱はしないんでしょ?
するってなったらそれはそれでビックリやわ!



しかし、思いのほか為替に影響を与えてますよね?
流石にポンド売られすぎじゃないかと……。

現時点でもかなり荒い値動きしてます。
当日の23日、24日も結果に問わず相当な値動きになるんじゃないでしょうか?
ボラティリティが高まるっていうんですか??
一発勝負を掛けれるかもしれませんね。
※投資・投機は自己責任で!


で、この問題、いろんな人がいろんな観点で語ってますが、
自分的には以下なんだと思っています。
(英国人がどう認識しているかわかりませんが……。)


経済的現状維持。

EU、特にドイツとの貿易が、ほぼ自由に出来ています。
また、シェンゲン協定でEU域内を自由に行き来することができています。
これにより、経済的な壁も低く英国もこの恩恵を受けています。
これをこのまま維持することができます。

今度は逆に移民・難民をもっと受け入れろとEU、特にドイツから圧力が高まります。
そうすると、今はテロが身近に脅威としてある以上、
安全保障の面が格段に悪くなります。




安全保障の持続。

ちょっと前にフランスでイスラム系の人からの大規模テロがあったと思います。
EUの中心部での大規模なテロ。これには衝撃を受けました。
そして、現在もEUにはイスラム系の難民が続々と押しかけています。

離脱を決めれば、国境を再度設定することができ、
移民・難民をシャットアウトしやすくなると言われています。

逆に経済的な恩恵は無くなってしまい、経済に大打撃を与えることは必至と言われています。
そりゃあ壊滅的な……。



維持と持続って表現で分けちゃいましたがこの表現で分けちゃうと、
ほんとにどっちに転んでも現状の維持でしかないという……。
でもでも、もう一点の方は確実に悪くなるという……。


なんということでしょう!

どっちに転んでも悪いことの方は間違いなく残る。


悪夢だわ!




投票率と得票率にもちょっと注目したい。

特に得票率。
4:6でしっかり6くらいで「離脱しない」となってくれないと安心できないのでは?
どっかのだれかのコラムで読んだけど、首相の政権安定も確立したいみたいな論調。
ギリギリだとそれはそれでしこりが残る。



個人的には離脱したほうが良いんじゃないかと。

現在、世界的に経済が停滞していて経済を取ったとしても、
根本的に需要を起こしていかないとじり貧になっていくのでは?
残留しても経済の混乱を回避できたとしても、
現在発生している経済的な問題は解決されないし。
そう、


なにも根本解決しない。


明らかに現状維持ってだけで、良くなるということはない。
少なくともEUにいるからという理由だけでは……。

そんな状態でEUに残っても……。

いったん離脱して世界をも巻き込んでぐちゃぐちゃにしてしまって、
そりゃーー、相当な痛手を被ると思うけど、
それくらいしないと今の世界経済的な問題も議論できないのかも。





そして、自国の安全保障は守りやすくなるしね。


安全については、米国の911は今もなお記憶に残る出来事ですが、
一度起きてしまったテロの傷。
その傷跡は今もなお残っている状態です。

移民をたくさん受け入れてしまうと、その後、制御するのはもう不可能です。

ってか、やべぇ、これ日本にも言えることじゃん……。




ただし、これも今、ニュースで言われ始めてますが、
離脱すると恐らく世界恐慌のトリガーになるって……。

うーん、ポンド危機みたいなのはやっぱり起こるとは思うし、
説得力はあるね。


うーん。


行くも戻るも棘やんか……。




もし、ブレグジットが起きた場合と起きなかった場合の
金融市場の影響を予測してみようかと思います。
(しつこいようですが、投資は自己責任で!)


まずは起きなかった場合。
ここ数週間、ポンドが売られすぎていますので、猛烈に巻き戻しがあるでしょうね。
ポンド円だけでも瞬間でも5円程度は動くんじゃないかと?
その後もだらだらと、7〜8円くらいは巻き戻っていくのでは?
いや、もっと行くのか?
さすがに具体的な数字まではわからんすね。

株も全世界的に売られすぎなところがあるので、
これもある程度は巻き戻って行くことが予想されますね。

ただ、だからリスクオンに戻っていくかというと、
それはそうでもないかもと思ってます。
このテーマで動いた分が元に戻るという感覚しかないと思ってます。


結局は現状維持なんでしょ?
ということで。



で、チョー問題は起きた場合。
市場でも実は起きた時のことがあまり議論されていなかった。
現在でもすでに売られすぎてるポンドもさらに10円くらいは売られるのかな?
ドル円に関しては100円に行くと言われてますね。

株もかなり売られることになると想像できるので、
そうなったらリーマンショック再来か?

安倍ちゃんが危機に注意しなければならないってサミットで言ってましたが、
その通りになっちゃいますね。


ヤバいっすね。
それなりにニュース見ていますが、起きた時の情報がぜんぜんもって少ない。
ほんとに何が起こるのかは神のみが知るというやつでしょうか。



とまあ、ここまでグダグダ話してきましたが、
なんだかんだといっても、世界的なお祭り騒ぎになってきたこの問題。

海外だと、離脱のする・しないで直接掛けられるサイトがあるんでしょ?

まあ、日本は見た目上、ギャンブルは禁止なんでそんなことはできませんが、
それでも株や為替は影響があってそれには参加ができる!


それこそ、4年に一度のオリンピックじゃないけど、
そんなくらいのレアなイベントだよね?


オレ的にどっちに掛けようか!


ほんとは「離脱しない」に掛けようと思ってたけど、
ちょうど、先日、銃撃のニュースが入ってきましたよね?
これでマジでわかんなくなってきた……。

マジでどうっすかな……。


いよいよ今週に迫ってきていますが、見守りたいと思います!

posted by T-SAN at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | オレのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

無料キャンペーン実施中だよ!!!

宣伝ばっかですんませんが・・・。
今、小説の無料キャンペーン実施中です!

ぜひぜひこの機会にゲットしてやってくださいな!
よろしくお願いします!

いらっしゃいませ。コンサルティング部へようこそ!第一巻 [Kindle版]
詳細はこちらです!

ちなみにですが、kindleはスマホでもアプリがありますよ!
併せてよろしくです!
posted by T-SAN at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする